Excel

棒グラフを簡単に入れよう スパークライン

会社でExcelを使っていて、グラフを入れるときにこんなことを思うことはありませんか。

もっと簡単なグラフでいいからサクッと入れられればいいのになぁ…

今回はそんな人のために「スパークライン」というグラフを挿入する機能を紹介します。スパークラインは既存のグラフと異なり、一つのセルの中に折れ線グラフや棒グラフを表示できる機能です。

例えば次のようなグラフがあったとします。

このグラフから「売上高が右肩上がりに増加している」ことを示すグラフを作りたいとしましょう。

ここにスパークラインを入れるとこうなります。

このスパークラインの使い方は別の記事で書きますが、「簡単なグラフを簡単に挿入する」ことに長けています。また一つのセルに機能という形で入っているので、以下の画像のよう下のようにどんどん下にグラフを追加していくこともできます

このように多様な科目に一つずつグラフを入れる際にはスパークラインはとても役に立ちます。実際に試してもらえればわかりますが、既存のグラフの挿入機能では同じことするためにものすごく手間がかかります。一つずつ範囲を指定し、タイトルを入れ、最小値・最大値を適切に設定し、、、という作業を全ての項目にする必要があります。もしくはすべての科目を一つのグラフに入れることも可能ですが、それだけ雑多な項目が入ってしまったグラフはあまりにビジーで読者に何も伝わりません。

売上高の増加や棚卸資産の減少といった、一つのメッセージを示したいだけのグラフを入れたい時にはスパークラインは有用でしょう。

グラフを使い分けよう

今回はスパークラインというグラフの紹介でした。スパークラインの使い方については記事を分けて書いていきますが、基本的に「簡単なグラフをサクッと入れる」ための機能です。既存のExcelにあったグラフの機能は「多様なグラフをしっかりとつくる」ためのものだったのでうまく使い分けていくことが重要そうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

https://kaikei.feedm8.com/archives/124/excelsparklinekaikei/