監査法人×AI

EY新日本有限責任監査法人のAI活用事例

EY新日本有限責任監査法人は、東芝の粉飾決算の事例から、有効な会計監査ができていないことが露呈し、ブランド価値を大きく毀損しました。そこから、監査品質を上げたとアピールするためにも、AIの導入に力を入れています。

EY新日本は異常検知アルゴリズムを実用化

EY新日本はAIによる会計仕訳の異常検知アルゴリズムを実用化したとプレスを打っています。(2017年11月6日)これはEY新日本の中にある「Digital Audit推進部」という部署で開発されたようです。

アシュアランス・イノベーション・ラボ(AIL)、Digital Audit推進部を設置

2016年11月には、先端デジタル技術を会計監査に導入するためアシュアランスイノベーションラボ(AIL)を設置しました。それに加えて、さらに100名体制のDigital Audit推進部を設置し、AILと協働することで開発した監査へのDigitalツールの導入を促進していきたいのでしょう。

しかし、この100名体制というのが気になります。おそらく半分以上は別のものと兼務しているはずです。普段は普通の会計監査業務をやっている人も、たまに会議に出席するかメーリスに入っているとかで重複してカウントされていると思いますね。100人×800万円=8億円、とかの予算を監査技術の研究だけに割けるとは思えません。

異常検知アルゴリズムの特許を取得

EY新日本は、2018年6月に、会計仕訳の異常検知アルゴリズムの特許を取得したとニュースリリースを配信しています。このアルゴリズムはHelix GL Anomaly Detector (Helix GLAD)と呼ばれており、2017年10月から試験運用を開始し、2018年度で20のエンゲージメントで使用され、2019年度では100のエンゲージメントに拡大するそうです。

日本発の異常検知アルゴリズムがグローバルで評価

EYグローバルのサイトにもこのHelix GLADというアルゴリズムのプレスは出ており、そこにErnst & Young ShinNihon LLCと明記されていることから日本のEYが開発したことは本当でしょう。日本発の異常検知アルゴリズムがグローバルに使われるようになる、という点でEY新日本は国内他法人の一歩先を進んでいると言えそうです。

RELATED POST